生牡蠣

厚岸(あっけし)AKKESHI北海道が誇る漁場

牡蠣といえば厚岸産

北海道を代表する牡蠣の産地は、厚岸町です。厚岸町の牡蠣は、外海と繋がった汽水湖の厚岸湖で育ちます。
その厚岸湖は、湿原の養分をたっぷり含んだ別寒辺牛川の水が流れ込み、外海からはプランクトンも入り込む栄養に富んだ湖です。
そのため、厚岸湖で育つ牡蠣は、養分をたっぷり取り込んで成長します。
寒い場所で育つ牡蠣なので特別大きいわけではありませんが、身が締まっておりおいしいです。
また、厚岸町沿岸には冷たい親潮が流れているため、夏でも厚岸湖内に冷たい領域が存在します。その冷たい領域をうまく使って牡蠣を育てるため、1年中牡蠣を出荷することができます。
そのため、厚岸町に行けば、いつでも牡蠣を楽しめます。

厚岸の海で育つ。美味しさのわけ 黒潮+親潮 淡水+海水 厚岸の海でそだったものが美味しいわけ

ひとつ、ひとつ、愛情をこめて。

旨い牡蠣を作るには、十分な餌を与えることが大事。
厚岸の漁師は、水温や餌の発生状況を見ながら、
牡蠣の成長に最も適した場所を選び、
他の産地に比べ多くの手間ひまかけて育てています。
そうすることで味が濃く甘みの強い牡蠣になっていきます。

厚岸の牡蠣ができるまで

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider
牡蠣のサイズ

牡蠣漁師「日向さん」の声

牡蠣漁師 日向さん

わたしが、扱っている厚岸の牡蠣はいくつか品種がある中の「マルえもん」というブランド 牡蠣です。
マルえもんは他の牡蠣に比べて甘くまろやかで、クリーミーなので牡蠣が苦手な人でも比較的食べやすい品種だと思います。
大きさはすこし小ぶりな品種なので、Mサイズは一口サイズで「生食」に適しています。
加熱すると身が縮むため、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にする場合は、Lサイズ以上がオススメです。
愛情を注ぎながら、一生懸命手間暇と時間をかけて美味しい牡蠣をつくっています。
ご家族のみんなで楽しく味わって食べて欲しいと思います。
牡蠣漁師 日向秀樹

生産者のこだわり

形に拘る

形がよくなるようにカゴに入れる時に ひとつひとつ丁寧に揃えるようにいれていく。

味にこだわる

厚岸湖に戻すタイミングを見極める。 失敗すると身が小さいままだったり 塩分が濃い(しょっぱい状態)となる

衛生管理にこだわる

任意ではあるが漁師さん自ら 「ノロウイルス」の検査を 1か月に1度実施している。

世界の瀬川と日向さん
世界の瀬川と日向さん

食べ方いろいろ

厚岸産生むきカキ
k-muki01
  • 商品名 : 厚岸産剥き生かき
  • 内容量 : 500g【25〜30個入】
  • 原材料表示(アレルギーを含む) : 牡蠣(かき)
  • 生産地 : 北海道厚岸町
  • 発送温度帯 : 冷蔵
在庫状態 : 在庫有り
¥3,300(税込)
数量
のし